俊行方丈師匠一年忌を迎える抱負

同行二人

あらゆる人が苦しみを解決し幸福になろうと共に歩んでいく
仏教勉学と精進

不殺生

何人も傷つけず、踏み台としない、痛みを知って分を知る
世界から暴力と貧困をなくす 仏者の悲願憲法九条を守る 国際刑事裁判所をつくる

大悲共生

みんなの笑顔が消えないように ともに生きんと意欲を燃やす
ボランティア活動をする 世界のひとと手をつなぐ
仏教は幸福になるための教えです。
ブッダ釈尊は、所欲を制御して、欲を清め、良き集団が、幸福になる道を実践されました。
弘法大師は、欲を制御するのみでなく、欲を調和させ、欲によって幸福を増大し守っていく道を実践されました。
釈尊の時代が少欲知足の時代とするなら、弘法大師の時代は、選欲知足の時代と言えるでしょうか。
加えて、俊行方丈は、「人の痛みを知る」ということを付け加え終生悩み相談とかけこみ寺を守りました。それぞれの先徳の徳目を示した上で、今後の道先を示してみたいと思います。
釈尊、ゴータマブッダ 戒律として 1)a-paana-atipaata  生き物を傷つけない
2)saccaa vaacaa   嘘を言わない、真実を語る
3)            与えられたもののみを取る、盗まない
4)apisunaa vaacaa  陰口を言わない
5)a-giddhilobha    貪らない
6)anindaarosa     非難、暴言をしない
7)akodhupaayaasa  怒り悩まさない
8)an-atimaana    高ぶらない
空海弘法大師 戒律 サンマヤ戒 菩提心 勝義心 大悲心
十善戒 不殺生 不偸盗 不妄語など
俊行方丈 戒律 決して人は殺すな     自分に嘘をつかない

同行二人

あらゆる人が苦しみを解決し幸福になろうと共に歩んでいく
仏教勉学と精進

不殺生

何人も傷つけず、踏み台としない、痛みを知って分を知る
世界から暴力と貧困をなくす 仏者の悲願憲法九条を守る 国際刑事裁判所をつくる

大悲共生

みんなの笑顔が消えないように ともに生きんと意欲を燃やす
ボランティア活動をする 世界のひとと手をつなぐ