Ishiteji Temple English Guide pdf
teaching of buddha
Birth of Buddha 
Whose name is Gotama born as prince in battle age.
About 2400 years ago Gotama was born as a prince of Syaka tribe in the village Runbini.Syaka tribe was living between two large nation Kosara and Magada.And the age is called Sixteen big kingdom age.Syaka is so small that it was belonged to Kosala.So King of Magada asked Gotama to obey him to conquer Kosara with his elephant armies and to get much wealthy.Then Gotama said "I `ll enjoy to be free without money more than to battle and kill with money and wealthy."Time past and Kosara killed all of Syaka,but many people who followed Gotama to abandon house-living could survive as they were Buddhist.
仏陀誕生 戦乱の世に小国の王子に生誕。
紀元前400年ごろ、ルンビニーにシャカ族の王子の一人として生誕する。当時はインド十六国時代といわれ、シャカ族はコーサラ国とマガダ国という二大大国に挟まれていた。コーサラ国の属国と伝えられ、伝記ではマガダ王が仏陀に恭順を要請するが仏陀は断る。そして仏陀の晩年にシャカ族はコーサラ国に皆殺しにされる。その時妻子や少なくない人々が出家していて助かる。
Pleasure Taste life
Gotama`s biography says that he was given the house for summer and another for winter with servant for him to want nothing with everything he want.And he was very grad that there is nothing wrong in this world.But one day he escaped from castle under the eyes of his father to see the old wreached or the dead or the sick to be disappointed that we being would be sick,old,dead with very short life against our will and endeavor.And then he never get joy of life and abadon House-living to get eternal life.This story teach us that our purpose of life is pleasure and there is another end of life beyond pleasure which pleasure never prepare to let us get.It is to say "Free of soul"In very old Sutra Samyutta,The God Verochana says "We all beings have his aim.Most Pleasure is to be unite with aim"And The God Sakka says"Patience is more"In oldest Sutra Suttanipata"Being is what gets something others"I guess we were what eat Pleasures
快楽 生を謳歌する。
伝記では、父はシャカが出家をしないようにするために夏の宮殿、冬の宮殿をつくり寒暑を和らげ、また美女を侍らせ、種々の物欲を満たさせたという。しかしあるときシャカは城の外へ出て、老いぼれた老人と、動けない病人と、死に行く人を見て人生の儚さを知って出家を決意する。この伝説は人間の目的が快楽にあること。しかし快楽では得られない魂の救済が有ることを示している。古い経サムユッタニカーヤの文中にヴァイローチャナ神は言う。「一切の生き物は目的をめざして生まれた物である。最高の享楽はその目的と結合することである」。サッカ神が言う。「それよりも忍耐(欲望の制御)はより多くのメリットがある」。古い経スッタニパータSnに言う。「衆生とは物を手に入れる生き物だ」。人間とは快楽を貪る生きものか。
Struggle People are bumping each other just like fishes jumping and crashing in little water
.Buddha says "not only I but also all the people are struggling just like fishes bumping in little water.People are rushing toward what he or she wants without feeling sympathy with other people like him.Getting what he wants he`s satisfied,in vain disappointed or get anger to hurt someone else.Or to survive eat some lives of others.Buddhist must hate Myouri which are position and possession:the power to make others obey and no to follow and power to take something inside to taste.I wonder if Gotama was so anxious of our struggle for existence that he felt guilty in taking pleasure.In fact Gotama took sward to kill enemies against his families and fellows,but he could`t use it,because the pain of others are equal of his pain he knew.After his death,and when no purples were aware of Gotama,the leader of Buddhist shouted An-?tman which means there is nothing continuing itself,S?nyat? that is R?pa the matter which can be touched by five senses;which I think Gotama would`t prefer because those new ideas could`t stop killing each other in this world.Gotama shouted "please draw your arrow you can`t find."
闘争 生き物はまるで水たまりの魚のようにぶつかりあい奪いあう。
仏陀は言う。「私だけではない。生き物は皆、闘争している。あたかも小さな水たまりで、魚たちが跳ねてぶつかりあうように人々はぶつかりあい奪いあっている。人々は享楽へと飛び回り、得ては喜び、得られなくては悲しみ、失っては悲しむ。もっと悲しいことは快楽を得ようとして互いにぶつかりあい相手を沈めている」。ここでいう闘争とは、生きるために他者を食らい、時には同胞を殺すことである。仏教では名利を嫌う。地位と利益である。階級と享楽である。ポジションとポゼションである。この二つを解放しない限り闘争は続くだろう。仏陀は生き物の姿をぶつかりあう、奪いあう、殺しあう生き物と見た。享楽のためにぶつかりあうことを彼は問題とする。
この闘争苦への問題意識は後の、無や空や無我の視点とは根本的に異なるだろう。仏陀は死後ではなく現在を問題にしつつ永遠を解決していく。
Temptation given by the King of Magada

The King of Magada says"I `ll give you the elephant arms and wealthy.Please attack Kksara".Gotam answer"Taking arms I felt sad.I know the pain of others when I injure them.In the people struggling each other,robbing,killing,I `ll live without battle,robbing,killing with the mind free from desire,anger,patience without knowledge,that take a grad of being against no one".History repeats itself.Japan is suppressed between USA and Russia and China just like Syaka-tribe.Ancient Buddha teachs us we must not use arms to get welfare,we must not take goods for ourselves without sharing them with others.
誘惑 大国マガダ王の勧誘。
マガダ王は言う。「私の象戦車の精鋭部隊と金銀財宝をあなたにあげよう。さあコーサラ国を撃て」。仏陀は言う。「私は武器を手にして恐怖が起こった。同胞を殺すことはできない。ぶつかりあう人々の中にいてぶつかりあわず、奪いあう人々の中にいて奪いあわず、競争し戦争する人々の中にいて平安であることを楽しみたい」。マガダ王の勧誘はSn3章の冒頭にあり伝記を伝えるものの中では古層である。歴史は繰り返すという。米ロや米中という超大国に挟まれた小国日本をシャカ国に譬えるのは無理があろうか。弱肉強食のなかで平安に生きるというのが仏陀の意思である。非正規の格差貧困時代や安い労働力を酷使して海外から搾取する新自由主義の時代に平安に生きるとはいかなる生き方なのか。
Awakening , draw off arrow
Buddha says"I roamed around all places and visited teachers to find the place to be safe in vain.There are no place not occupied by killing or robbing or crashing.In dropping down to be hopeless,suddenly I found an arrow difficult to notice which is attached everyone`s heart and which power makes people rush to every direction.Reaching aim satisfied and far from end disappointed or anger to kill others without reason and sink down.Withdrawing arrow,we are free from struggling and never sink down to suffer".Or in other place Buddha says"our life is as big flood,which strong current is our desire,which driftwood is what we cling not to be drowned and recognize attractive object as for gold or welfare and to be attached and next time,those object attract us to be K?ma that our desire made colorless-something into attractive-one.After having constructed K?ma-mud-world:self-made-attractive-stage,it is very difficult to escape to be free and see everything flat as natural as they are.Because that stage was built by my own desire,it is to say desire loves desire itself.And now we have to dissolve that built K?ma world.Begin to see without desire or with good will to be conscious of happiness of others.Do not posses,do not take position,not take not abandon,not to surpass nor get under.
成道 見えない矢を抜く。
仏陀は言う。「私は闘争のない安息所を探し求めたがそのような場所は、この世にもあの世にもどこにもなかった。そして人々はいい加減な休憩所に安住しているばかりである。そのその時である。私は人々の心臓に刺さる見がたい矢を見た。この矢によって突きとばされて人々は右往左往して飛び回り、ぶつかりあい悲嘆する。この矢を抜いたならばぶつかりあわず苦しまない」。また言う。「私たちの生きざまは荒れ狂う大洪水である。貪欲が全てを呑み込んでいく。欲望が急流として流れ、その勢いが私たちの周りの事物を魅惑物へと妄想させる。その魅惑物で幾重にも飾られた自我の世界は越えがたい」。「だから私たちは過去現在未来の魅惑物を解消せよ。存在把握(何を取りあげるか)と価値把握(どのようにとりあげるか)の瞬間に私物化をしないようにせよ。」
Teaching saving and feel compassion with everyone
Buddha says"the state I attained is Samo and Santo:feel friendly with others and feel comfort with calming desire down everywhere every time with everyone.Because I drew off unseen arrow."Then many people came to see Buddha:person discriminated by color,by job,by birth,by sexual,by wealthy,by power and people sold to be servant,prostitute,slave,soldier to kill innocent person.Buddha says"we are same,only name is different.A man with good act is indeed good man.Without doing good with famous name,he or she is never good."It is because in the beginning of learning his way,Gotama could`t kill anyone as he know pain of killed person as him and pain of family of killed.And know the pain of killing,robbing,envying,despising,suppressing,obeying and so on.He is eager to take hands with everybody even if were enemy or the mad,feel as if there is no fence nor border.
転法輪 人々を救う。
仏陀は言う。「私の得た境地は一切所平等平安である。つまりどこでもだれとでも親和している。欲望に囚われず、心が自由で、あらゆる束縛から解放されていて、だれとでも平等に握手できる。私の欲望の矢は抜かれていて、心は静まり平安を楽しんでいる」。仏陀のところへは多くの被差別者や底辺で生きる人々がやって来た。下層カーストや下層労働者。男女差別で売買され家を追い出された女性。過去に罪を犯した者。百千の川も大海に流れ込めば平等一味という譬えの如く、仏陀は生き物を差別することがなかった。それは誰に対しても剣を振り降ろせないことと共通するし、そもそも仏陀が求めていたのは一切有情が分け隔ててなく和むことであったからであろう。
Rise and fall of Buddhism A new idea to escape from this world and Only looking Buddhism

The Gotama`s idea is to make the state where we draw arrow off to be satisfied with shaking hands with every being.So many wretched people gathered to him to have hopes against discrimination,poverty,violence to enjoy being even-equal and completely peaceful state.But after his death and his immediate purple has gone,and many people not suffering from living troublesome but eager to learn how to escape from the shape of human being that is Sams?ra:re birthing-eternal,main aim of Sangas became how to conquer the fear of death or resolve next birth:reborn-being.Some successors hit upon to look into ancient Upanisad-teaching of Y?jnavarkia,which says there is one that exists behind the one what is looking around named ?tman.?tman is the only one essential being in the universe and it exists everywhere filling whole of universe,so it is one and many ,nothing and everything.Because when it wants to be more and many,it can be everything it wants.Whole of ?tmans is called Br?hman.Then purple neglect their human body or this human like existence.Their practice is that changing their wish to enjoy this world to abandon this being by thinking not to want this existence,to wish nothing,to mind nothing,because in this existence there is nothing important.Without wish at all,they can become nothing only to be ?tman.A monk lived at 1st century named N?g?rjna declare that matter is ??nyat?-empty,because without our desire nothing is occurs to be.This is the Only looking Buddhism.Nowadays monks are eager to pray for the dead to go to good state,or for the living to get welfare,which Gotama never taught.
仏教の発展と衰亡 
厭世仏教と観照仏教。仏陀の仏教は「煩悩の矢を抜いて焦らず闘争しない仏教」であり、彼のところへはこの世の差別や貧困や暴力に打ちひしがれた人々がおしかけた。そして平等平安の境地を楽しんだ。しかし出家集団が定着すると、直弟子の弟子たちは悟った後の死の回避=不死(や再死、死後に死なないこと)を問題にし始める。その時、既に展開されていたバラモン・ヤージュニバルキアの[見の内なる見(見ることの手前にある見る者)]=アートマン=世界に遍満するアートマンとしてのブラフマンという思想の影響を受けて、この世の存在を否定するという一切皆苦・諸法無我・諸行無常の思想へと傾斜する。すなわち厭世仏教である。厭世仏教とはこの世で修行するが、この世では悟らず死後に永遠になるという思想である。その後この厭世仏教は現世肯定派によって、空論者による無垢思想や唯識無境論者の存在否定につながっていく。前者は真言宗的であり後者は曹洞宗的である。その後葬式仏教や厄除け仏教へと堕落していることは現在の様である。
Future of Buddha any possibility to be free from pain and get perfect happiness
In belonging to the daily counseling with suffering people,ceremony for the suicide,the lunch for the refugee to assemble to talk with each other to say what they could`t say to person in different situation,saving homeless people to stay at this temple,hearing what had happened in the last war,I know that pain on earth is not only the fear of after-death but more than death,the pain of struggling to survive,to keep one`s family safe,loosing child,death of the known,heavy sick,the handicapped,fear of losing life.So the answer to those suffering people is shown in the teaching of Suttanipata-4-15:"As we all are hitting each other and robbing,clear arrow off and have our desire be calmed down to be friendly with everyone,everywhere,every time".This teaching is very short but says much.In one case arrow means desire,in another case means the situation of losing job or one`s spouse,or in other case means fear of war,luck of oil,sick,Tsunami,Every kind of situation and desire and society and friend and so on let us to do something good and wrong.So we must choose bad arrow and get rid of it and decide what should be done.
仏教の今後 苦しみの原点と展望。私が種々の悩み相談や自殺者供養、被災者交流、ホームレス避難所、失業遍路接待をしてきて思うことは、私たちは種々の苦しみと向き合っていることである。その苦は、生存競争苦、子を失う苦、家族の死、病気、死の恐怖という生存苦であって死後苦ではない。だからそれに相応しい解答は、仏陀のSn4-15経である。「見えない矢によって私たちはぶつかり合い奪い合っている。その矢を抜くならば一切所平等平安である」である。この経は多くを語らないが語らないからこそ、多くの悩みにたいする解答能力がある。ひょっとすると見えない矢は我が背後から刺さっている矢かもしれないし、前から刺さっているもう一つの矢かもしれない。すなわち種々の欲望であり、魅惑物のこともあり、環境やを戦争や失業かもしれない。いずれにしても、その人がいま直面しているその苦をなくすあらゆる抜きうる矢を抜くのである。
Buddha whose name ia Gotama Siddhaartha aprince of Syaka tribe is the beginner of Buddhism.He is a soldier caste a
fixed roll to battle in old India named Kshatoria.Syaka trabe is small ,so they relyed on nesr big tribe Kosara.But finally
they all were killed by Kosara.In that age there were 16 tribe or nation in east India,and Magada which is as big as
Kosara amalgamated them all.In that ocasion Gotama was to battle or surrender one of big nation.In truth a king of
Magada invited him to join by giving hm wealth ,and stronge soldiers.But Gotama refused.So Kosara attacked Syaka.
At that time Gotama decided to rase arms.But he felt pain of enemy.
He left killing field and saw everybody fighting each other as though fishes are bumping in a pond with little water.
He romed around everywhere to find somewhere to get peace and beg teaching.But nowhere was trumbling.At last he
felt sick.Suddenly he found an arrow difficult to see that pierced on him and pushed him ahead toward everything it
aimed.That arrow made him rush to target and crashed with others and feel pain.If it is pulled off, he never runs and
sinks into pains.
This is how Shaka found his truth and teaaching.
Buddha teaches us that our desire or our condition makes war or struggle or robbing each other.So if we are without
sesore or intent or condition to move,we have no interest or have interest on nothing,so we are in peace only with
friendly conciousness.If we have no intent,we are empty which means we can begin whatever I think,or we can recognize
something what or how it is by our intention.But if there is no intention in me,I `ll hit upon nothing and nothing will
appear in front of me,to lose my world to live in.And if there is good intention ,for example giving food for the poor,I see
the wreached people ,and kindness will appear in mind .On the other hand,if bad intention,bad conciousness,bad image
of this world ,bad behavour.
Syaka also had various mind or intent,both good will and bad,and middle,or unconcern.If he didn`t encounter battle with
enemy,he enjoyed his life generary.Bad situation against some one made him enter the passage with branch point to kill
or not to kill.Becaus of his kindness that makes him to feel pain of others as though they were enemies,he couldn`t kill
others.He noticed his bad will and good will,thinks for others and thinks only for him snd his family and what he think as
his possesstions.Now he understand there are some will that he could not notice in usual.He named that unconcious will
arrows unseen.He thought if he could get rid of the arrow,and everybody did so,no one rushs to his aim,moves against
any one ,robs of any one,and he could get peace and be friends with everybody everywhere.Now without death,perishing
his body,being reborn ,escaping from this life this time like the person whose teaching denies pleasure of life of this
time, everybody can escape from the passage without any branch to run away to battle with others ,in case of loss to
hate,winning to despise,
If there were no pain or fear or want,if we were free from fear and want,we could not consider about sinn.But we have
heart.We think I were you.Without changing our arrows ,we could not be happy.
But unfortunately,we can not recognize our arrows without meeting the case in which we are struggle for one`s aim
against some others.
最新の研究から導き出される仏陀伝
 仏教のルーツは2500年前のインドに実在したゴータマ・シッダルタにあります。仏教は人間ゴータマ生き様そのものであります。宗教は神を信じるとか、恩恵を与える神に供物を捧げて利益をもらうということが多いわけですが、仏教の始源は、仏のように歩めば私もあなたも幸福になるというものです。私はかつて色々な思想や哲学や科学を私なりに勉強して、この世の真理というものを考えあぐねたときがありましたが、その結論は、「私は私の幸福を得るということ、それと、他人であるみんなが各々に幸福を得るということ、それ以上の真理はない」ということでした。ということは教えが良いとか悪いとかではなく「このように生きれば幸福になる。また人々とみんなが一緒に幸福になる」ことが重要なのです。しかしだからといって、例えば予防ワクチンを打ってそれによって死亡率が高くなるのでは困りますから、科学とか真理というものが必要なことは確かです。しかしそれにも増して、私が私の真の幸福のために努力しているか、同時に他のみんなの幸福のために努力しているか、そして結果として幸福なのかということが一番重要なのです。
 このように考えてくると、第一義に問題となるのは、私は何に依って幸福かということです。何をすれば幸福か、何を得られれば幸福か、どうなれば幸福か、という問いです。
 ところが、ここにこそ人間の最大の弱点が潜んでいました。つまり幸福を求めてぶつかりあう、奪い合うということです。闘争と所有です。仏教ではまず名声を離れよといいます。ポジションとポゼションです。社会的地位と私的所有です。要は私の持ち物です。所有物が禍をもたらすことは歴史の示すところです。第二次世界大戦は、資源獲得競争や植民地獲得競争、ひいては保身と財と快楽を得るための殺戮戦争でした。今も、軍拡や貧困格差や失業や男女差別という形で続いています。

 仏教は様々な社会的不幸を解決するために戒律を設けています。しかし、社会正義の教えではありません。あくまでも私が個人として幸福になるための指南です。慙愧の念といいます。自分の心に問うて恥じるという意味です。戦場では生き残るために残忍なことが行われます。また肉食動物は獲物を食らうときに涙を流すという話もあります。他人の命を奪うことは苦しいことです。それを罪といいます。罪とは他の命を痛めつけたり、他人のものを奪ったりするときに感じる心の疼きです。罪を感じて慙愧の念に駆られて苦しむのが人間の高貴さです。
 仏陀は武器を手にして相手を殺そうとしたときに躊躇しました。罪の感覚を持ったのです。罪というより情ある生き物を痛めつけることができなかったのです。あるいは他の命がもつ可能性を損なうことができなかったのです。そこから仏陀の修行=見果てぬ夢の旅が始まります。
 仏陀はあちらこちらに教えを求め、安息所を求めて放浪します。しかし安穏な場所はどこにもなかったと言います。「どこを旅しても自分から逃れることはできない」。私はどこかで耳にしたこの格言らしき言葉を親友に口にしました。その数日後に彼は自殺しました。自分から逃れられなかったのです。自分から解放されない人は地獄の住人です。彼は世間に地獄を見て、自分の欲を呪って地獄をつくります。それはその人の業かひとり相撲か?。そのようにつき放せることでしょうか。
 私たちは、やはり、じごくの起因としての欲望と、行為の結果としての地獄らしいむごたらしさを背負っています。矢を抜くしかないのです。しかしその矢は見えない矢なのです。だから抜くといってもどこをどう抜くのかは、人生経験の深浅のみが知るのでしょう。
 その成否は私とあなたに掛かっています。重いのです。苦悩の重さだけ。その数だけ。
仏陀誕生
 仏陀は紀元前400年ごろインドのガンジス川上流に小さな釈迦国の王子に生まれる。十六国が二大国コーサラ国とマガダ国に呑まれ、最後はマガダが侵略を完成する。今も昔も綿々とつづく繁栄と惨禍、大国の侵略と飢餓。衛星から地球を見ると、万里の長城と瀬戸大橋が見えるという。人類の智慧と技術は高度化したが、自衛という大量殺人の口実も巧妙化した。長大橋は造れても貧苦や暴力苦は除けない。ビッグバンの結末は核戦争なのか。あるいは人類は生き残り個人は格差社会に死すのか。

享楽
 仏陀は29歳で出家したと伝わる。釈迦国の政務に参加し結婚し子に恵まれ、私たちと同様の生活をしていた。伝説ではあらゆるこの世の楽しみを享受して、それでは満足せず出家したとされる。戦いの神である阿修羅神ヴェローチャナは言う。「生き物は各々に目的を目指して生まれる。生き物の享楽は、その目的と合一するのが最高である」。別の神は言う。「その通りであるが、それよりも忍はすぐれている」。生きる目的は何か。楽しみは何か。忍とはやりたいことをやらないことか。(サムユッタニカーヤSN11-1-8経)

戦争
 仏陀の釈迦国は彼の晩年にコーサラ国に滅ぼされ皆殺しと伝えられるから、王子である仏陀も弓や剣の訓練をしていたことは間違いない。日中戦争のように試し斬りもしたのであろうかと戦跡を供養した時、私は苦い想像をした。ベトナム戦争の海兵隊員はこう述懐している。「引き金を引いた。思ったより簡単に敵は倒れた。彼はゴム草履を履いていた。戦闘員なのか一般人なのか分からない。私は嘔吐した」と。資源のためとか、防衛だとかいって人類は戦争を続ける。仏陀も訓練した。人を殺す訓練を。


勧誘
 同盟国のコーサラ国ではなく、敵国のマガダ国王ビンビサーラが仏陀に使者を送った。「若く逞しい戦士の生まれの者よ、精鋭部隊と財宝を与えるからコーサラを討て」。仏陀は答える。「人々を惹きつける富や名誉というカーマには罪のあることを知ったので、罪のない場所で平安を望みたい」。(Sn-3-1出家経)その罪とは何か。仏陀は最古唯一の経に告白する。「武器を手にして人を殺そうとしたとき恐怖が起こった。なんということだ。人々はわれを知らず互いにぶつかり合い奪い合っている」。

悟り
 仏陀は言う。「そのときである。私には見えた。人々の胸に刺さり、人々を突き動かし、欲しい快感だと焦燥させるもの。走らせ、奪い合いぶつかり合い、この世を苦海に変えていく見えない矢が見えた。その矢を抜くならば、ぶつかり合わず奪い合わず、苦しむことがない」。

修行
 まず、私たちはぶつかり合い奪い合っていることを見よう。次に、その原因は、次々とものを欲しがる欲望である。次にその欲望によって私たちはみんなの共有物を、自分だけの所有物に変えていく。これは良いもの悪いもの、好きなもの嫌いなもの、味方と敵、支配下と排除、ものごとを好き勝手に色付けするのを停止して、真実の世界を見よ。そして物事を皆一緒に分け合うならば、私たちはどこにいても、平等平安の安楽を得る。

仏果
 悟りの境地は「一切所平等平安」である。欲望の矢を抜くならば、私たちは安らぎの境地を得る。求めることなく、対立することなく、奪い合うことなく、誰とでも親和している。皆一緒の平安を願う全世界の人々と一味和合していて融通無碍であり果てしなく広がる調和の世界である。(スッタニパータSn-4-15経)。「ぶつかり合う人々の中にあってぶつからず、奪い合う人々の中にあって奪わず、殺し合う人々の中にあって殺さない平安なる人。その人こそ称賛されるべき人である」。(SN11-2-10経)


説法
 仏陀の周囲には多くの苦しむ人々や困難を背負う人々が集まった。特に国家や弱肉強食に圧迫される被抑圧者が多かった。なぜなら仏陀は人々の皆一緒の平安を説いたからである。どの生き物にも同じように苦がある。どの生き物も自分が幸福になりたいと願っている。またできるならば他の生き物を幸福にしたい、いっしょに幸福を分かち合いたいと願っている。だから他人を苦しめてはならない。ともに幸福を祈ろう。仏陀は富を捨てて、人々との親和の安楽を得た。(SN3-1-8経)