宗教者九条の和発足  戦争反省と証言 イラク・自衛隊派遣 反対意見書案を可決 要求請願4件も採択−−松山市議会

とりいそぎ参考資料 教育基本法改悪法案の問題点


まず写真を見て考えよう   
 
不殺生平和の折り鶴を折ろう 短冊を発行中ただいま28000
  
イラクへの自衛隊派遣はやめよう 03.12.15不殺生

仏不殺生を体現する九条の会

武力によっては対立を解決しない。それは仏教の根本の精神を生活に具体化したものであり、二十世紀になって、個人の目標がやっと国家という巨大な短所と長所を持つ組織に拡大されたものである。
お釈迦さんの時代、人々は暴力や戦争や当時の国家という大泥棒(中村元曰く)から自由になるのに、出家修行者の群れに飛び込むしかなかった。
しかし、今日、ようやく個人は出家することなく在家にとどまりながら、暴力の応酬から自由になるチャンスを得ている。それは日本国憲法に書かれている「国家の戦争放棄」であり「武力の放棄」であり、国民が国家の戦争に巻き込まれることがないように明言した「平和的生存権」の確立である。
もしも、この平和的生存権を失うならば、国民は時の政府が行なう、たとえば自衛のための戦争に動員されてしまう。この憲法のもとでは、国民は正当に国家の戦争を否定し、不参加を明言できる。もとより専守防衛を否定するものではない。しかしながら、現在の日米の動きや、イラクでの自衛隊の活動は、自衛を超えた先制自衛を根拠とする侵略であり、人道支援を理由とする侵略の手助けである。このよう暴挙に対して、明確に反論できるのは今の日本国憲法をおいては他にないだろう。
私達は、いまこそ、この憲法のもつ意味を現実に照らして考え、深めていく必要がある。


その他の会

九条の会        
                            護憲をアピールする記者会見に臨んだ(左から)加藤周一氏、大江健三郎氏、小田実氏=10日午後、東京都千代田区九段北で

九条の会 アピール

大江健三郎氏
「イラクに日本の軍隊を送った今こそ、九条をよく考えなければならない」
「憲法は世界に対する自分の態度、モラルの支えであり、外してはいけない考え方の土台だと思ってきた」
[イラクで戦争が起こったとき、子どもが障害をもって生まれたときなど、そのたびに憲法と教育基本法のことを思い、「憲法といっしょに生きてきた」
 今、憲法が書き換えられる危険がかつてなく強まっている現実は、「小説家としての自分の仕事の締めくくりをしなければならないときに、自分の支えとなってきた柱が倒されようとしている」と映っています。
 これまでは、解釈改憲はされても、明文では書き換えられないだろうと「楽観的に信じてきた」。「憲法の空洞化というのは現実にあると思うが、憲法が文字としてあることと、それがなくなることとでは根本的に違うと考えてきました。しかしいま、言葉として書き換えられようとしている」。
いろいろな人の憲法への思い、九条を守ろうというさまざまな声や運動、それが集まって一つに重なる場所、それを「萃点(すいてん)」という言葉で表し、「この会が萃点の一つとして使われればうれしい」

二〇〇四年六月一〇日
 井上ひさし     梅原  猛     大江健三郎     奥平 康弘 小田  実     加藤 周一     澤地 久枝     鶴見 俊輔 三木 睦子

障害者・患者9条の会